光触媒 施工方法 商品案内 問い合わせ HOME
■光触媒とは?
 光触媒とは、太陽や蛍光灯に含まれている紫外線を吸収して、化学反応を起こす総称です。身近には植(光合
成)の葉緑素、鉱物の代表選手としては
酸化チタンが光触媒です。光触媒反応としての酸化還元反応を起こし、
抗菌・防汚・脱臭効果をもたらします。
 
院内感染、タバコ臭・汚物臭、カビ、窓ガラスの汚れ、自動車のガス、悪臭、大腸菌。これらすべては有機物や
窒素酸化物などであり、わたしたちの生活を脅かすものです。
 
化学薬品を使用せず、自然の力でこれら有機物を除去したい。そんな願いを叶えてくれるのが光触媒です。
※酸化チタン…メガネフレーム、ゴルフクラブ、航空機の機体材としても用いられる金属チタンの酸化物。
          塗料や磁器原料、合成樹脂、繊維、電子材料など利用。その物質的な安全性と安全性の高さか
          ら、食品添加物としてアメリカでは、1983年に認可。食品、口紅などの化粧品にも幅広く利用。
■効果は?
1. 消臭効果
酸化チタンでコーティングされた面(壁、天井など)にニオイが接触すると科学分解されていきます。
2. 抗菌・抗ウィルス効果
花粉や大腸菌・O-157・サルモネラ菌などの雑菌、インフルエンザなどのウィルスも分解します。
3. 防カビ・防ダニ効果
カビ、ダニの繁殖を抑えます。
4. 防汚効果
タバコのヤニ、水アカ等の付着を抑え、汚れても落ちやすい。
■MOVIE
※画像をクリックして下さい。            出典 NHK(クローズアップ現代)
光触媒の原理 超親水性とは? 醤油が消えた!? 硝子汚れ防止 ミラーの曇止め